日能研 全国公開模試の特長

中学受験を控えた子供を持つ親からすると、出来るだけ中学受験に対する
データやノウハウが豊富な塾を選びたいと考えるのは当然です。
そんな親の気持ちに応えてくれるのが、日能研です。
実際に日能研には、およそ7万を越えるデータが蓄積されています。

そんな日能研が中学受験に向けて実施している模試があります。
それは、日能研「全国公開模試」と呼ばれるもので、首都圏を中心に
全国でおよそ15,000人もの受験生が受けています。

全私立中学・国立中学の合格の可能性を判定するうえで、
日能研の持っているデータ・情報のから結果を判定する模試です。

日能研「全国公開模試」には、他にはない3つのメリットが挙げられます。

【ポイントその1】 貴重な資料が配布される

配布される貴重な資料とは「情報エクスプレス」と「入試志望者動向」、
「予想R4一覧表」の合計3点です。

「情報エクスプレス」は、模試のデータを分析した資料です。
中学受験にまつわる最新情報も掲載されているので、
最新情報を常に把握する事ができ、大変便利です。

「入試志望者動向」には、各中学校の志望者人数が掲載されています。
前年度のデータも併せて掲載されているので、志望校を選ぶ際や、
受験する中学校を選ぶ際に、役に立つ事間違いありません。

「予想R4一覧表」は、試験日、定員、入試科目といった予想が
まとめられた資料となります。
これを見るとその年の中学受験の動向が、一目瞭然です。

【ポイントその2】 模試の結果を翌日には知る事ができる


模試の結果を知るまでには、他の塾の場合、数日はかかります。
しかし、日能研「全国公開模試」の場合は何と翌日にWebサイトに
掲載されるので、結果をいち早く知る事ができるのです。

また、ただ模試の結果を早く知る事ができるだけでなく、
解説や弱点などもWebサイトでは知る事ができるので、
志望校に合格する為の情報を、スピーディーに把握できます。

【ポイントその3】 入試問題を先取りできる


問題は、中学受験の最新の傾向を分析して出題されるので、
本番前の力試しとしては、十分すぎる内容と言えます。

さらに日能研「全国公開模試」では、

「志望校選定テスト」
「志望校判定テスト」
「合格力育成テスト」
「合格力完成テストファイナル256」
「合格判定テスト」


の5つが
小学6年生を対象にしたテストとして用意されています。

例えば、志望校が決定していない場合は「志望校選定テスト」から、
既に志望校が既に決定している場合は「志望校判定テスト」で、
志望校に受かる実力があるのかを試す事ができます。

このように、それぞれ役割の異なる5つのテストを自由に選んで
受ける事で、志望校に合格する実力を鍛えられるのが、
日能研「全国公開模試」の大きな特徴です。

ちなみに小学6年生を対象にしたテストとしては
「実力判定テスト」もあるので、弱点を把握したい、
今後の学習計画を立てたいという場合には、オススメです。

ただし「実力判定テスト」は小学4年生から受ける事ができます。
早くから中学受験を念頭に置いている場合は、
小学4年生、5年生と実力を毎年模試で把握する事をオススメします。


↓↓↓ 下をクリックすると模試の対象学年・日程一覧表・偏差値一覧表に移動できます ↓↓↓

  日能研 全国公開模試 対象学年

  日能研 全国公開模試 日程一覧表

  日能研 全国公開模試 偏差値一覧表


 

中学受験 社会の偏差値を効率良く60突破させたい方はこちらをクリック